BLOG ブログ

保険について

こんながん保険はやめとけ!

こんにちは、大阪府豊中市の
ファイナンシャルプランナー卜田です。

今回は【こんながん保険はやめとけ!】という
テーマでお伝えしていきたいと思います。

がん保険は保険のプロから見て
加入しておいた方がよい商品です。

なぜなら、がん治療はまだまだ発展途上であり
新しい治療法がどんどん登場してきているので
お金があると選択肢が広がるからという理由です。

新しい治療法は病院独自の自由診療であったり
厚生労働省が認定した先進医療であったりすると
健康保険適用ではないので高額な支払いとなる可能性があるからです。

ただ、すでにお金がたくさんある方は
がんになったとしても
そのお金を使えばよいので
がん保険には加入しなくてよいかと思います。

これから資産形成をしていくという方
貯金をがん治療には取り崩したくない方は
がん保険に加入しておいた方がよいでしょう。

そのがん保険でも以下のようながん保険以外をおススメ致します。

目次

動画で解説

診断給付金が1回のみになっていない?

がんにかかった時に支払われる
診断給付金というものがあります。

がんという診断が確定した段階で
支払いとなります。

これが1回しかもらえない商品があります。

実は何回でももらえる商品が存在していますし
そのような商品と比較して掛け金が
大幅に異なっているかというとそうではないので
どうせなら何回でも給付金が受取れる商品の方が
あなたの役に立つと思います。

2回目の給付金の条件が厳しすぎない?

最初にがんと診断されてもらえる
診断給付金ですが

2回目以降も何度ももらえる商品があります。

ただし・・・・、
2回目以降にもらえる給付金の条件が
非常に厳しい商品があります。

その条件とは
1年から3年の年数の経過と
「再発・転移の場合」という条件付き

再発とは
最初に診断されたがんが
治る→再びがんと診断される
という状態

転移とは
例えば
胃がん→肺がん
と原発のがんが胃がんで
そこから肺へ転移しているという状態

この2つの状態であれば
2回目の支払い条件に当てはまり
支払われることになります。


逆の話でいくと
例えば
乳がんでずーっと治療中です
といった場合は
「維持・進行」ということになり
2回目の支払い条件には合致しないので
支払われないということです。


このような条件を付けることで
保険会社からお客さんに支払いと
なる保険金が大幅に減ることがデータとして
わかったので条件を付けた商品が登場したということです。


一方で
1年から3年の年数の経過と
1日の入院や通院によって
2回目の給付金がもらえるという
条件の商品があります。

こちらもこの条件が付いているからといって
大幅に掛け金が異なるわけではありません。

それなら条件ゆるい方がいいに決まってますよね。

治療内容によって給付金が決まってない??

がんになった際の
治療法の選択肢が最初から決まっている
商品もあります。


○○治療をしたら給付金○○円
○○療法をしたら給付金○○円
といった感じです。

がんになった際に
どんな治療をするかわからないですし、
どんな治療があなたにあうのかもわからないわけです。

そもそも
冒頭にもお伝えした通り
がんになった際にお金があった方が
選択肢が広がるので
がん保険は加入しておいた方がよい商品ですが
最初から選択肢が決まっている商品を選択して
わざわざ自分で選択肢を狭める意味はないと思います。

掛け捨てじゃないがん保険に入ってない?

がん保険ですので
がんにならなければお金は捨てているのです。

そうです
掛け捨てです。

「掛け捨ては絶対いやだ!」
という人のために開発されたのが
掛け捨てじゃないがん保険ですが

掛け捨てのがん保険よりも
当然掛け金が割高です

そして長期間続けないとお金が貯まっていきません
30年や40年です

そしてそして
貯まっていったとして100%です

30年~40年かけてたった100%にしか
ならないのです。

その商品にだけに注目しすぎて
大事なことを見落としています!

30年40年という長期間をかけることが
できるのであれば
運用していけば100%どころではなく
お金を増やすことができますので
掛け捨てたくないという希望は
わかりますが
出入りする財布は一つなので
柔軟に考えましょう。


そして何より最終的に
がん保険の中にお金を貯めてしまうと
がん保険をとるか
貯金をとるか
という選択をせまられます。

がん保険をとるなら
貯金は受取れませんし

貯金をとるなら
がん保険は解約しないといけません。


保険会社は解約率というデータも当然持っています
契約が何年継続されて
何年で解約されるかというデータです

お金が貯まるがん保険は
掛け捨てのがん保険と比較して
割高に設定されています。
これは当たり前の話です。

掛け捨てじゃないという商品を
選択する人がいて
一定数はお金が貯まる前の短期間で
解約するというデータもあるのです

保険会社は掛け捨てであろうと
解約する人は一定数いるので
それなら掛け捨てじゃない
割高な保険料の商品を発売する方が
儲かるという仕組みです。

さらに続けてもらったとしても
30年後、40年後に100%にして
返せばよいだけなので
その期間は保険会社が運用できるわけです。

お問合せ

「もうすでにがん保険には加入していますが
私のがん保険はこれでいいの?」
という方や

「これからがん保険の加入を検討しています」
という方は

一度ご相談ください。
ご相談だけでも結構です。

90分で解決致します。



SHARE

ブログ一覧